子どもたちの体づくり、心づくり、笑顔づくりに貢献する プルミエイル整健堂

お問い合わせ電話番号 プルミエイル整健堂 お問い合わせメール
楽しい!夢中になる幼児体育、運動遊び キッズ運動講師
トップページ プロフィール スポット運動教室 運動空手教室 オフィス案内



遊びの要素満載 幼児体育 サッカー教室

楽しく取り組めるプログラムで、子どもたちの「もっとやってみたい!」「よし、がんばるぞ!」を引き立てるような体操教室を展開しています。
ボールあそびを取り入れながら、ボールに慣れ親しむことからはじめていきます。サッカーを通じて、ボールとふれあう楽しさを味わえるサッカー教室を展開しています。


※幼稚園、保育園、認定こども園対象の教室です。
「きびしいだけが空手じゃない、楽しい空手もあっていい!」をコンセプトとし、運動遊びと融合させた楽しい空手の運動空手教室です。たくましい体と心、思いやる心、礼儀、挨拶、正しい姿勢を空手を通して得ることができます。


 1回の教室開催から短期教室の開催まで対応しております。
 対象訪問先は、幼稚園、児童福祉施設(保育園、放課後児童(学童)クラブなど)、そのほかの保育施設
  やグループなど
に訪問いたします。
 指導対象は、幼児(年少、年中、年長)、小学児童(1年生〜6年生)です。
  (※運動カラテ教室のみ、幼稚園、保育園、認定こども園の年中、年長が対象となります。)
これまでに各地にて講師活動で培ってきた経験、幼児体育指導者としての指導経験を活かし、子供たちをぐっと引き込みやる気が起こる雰囲気作り、楽しみながら分かりやすく実践しやすい練習指導をお届けします。





運動指導の中で心がけていること

サッカー  運動は楽しい!だから夢中になる!!
運動は、楽しくある(する)べきもの。

と、私は考えています。楽しいからこそ続けられる、楽しいからこそもっとやりたい!と思う、楽しいからこそがんばる!ことへとつながっていくと思っています。指導者として、ひとつの運動を楽しくするためには、楽しくするための指導方法やプログラム構成を考えるだけではなく、一人ひとりの子供たちへの接し方、言葉かけなどもとても重要な要素であり、これらの総合的な組み合わせがあってはじめて“楽しい!夢中になる!”に近づけることができると考えています。

そして、もうひとつ重要なことそれは、子ども自身がすでに持っている運動を楽しくしようとする発想力を引き立てること。子どもたちの発想力を抑制することなく、自然に引き出し自発的に取り組んでいくその流れを作り出していきながら、運動の楽しさや魅力を味わってほしいと思います。


高飛び  スランティライン理論!
1本のロープの高さを横に張るのではなく、斜めに張ることで自分にとって少し難しいことへチャレンジする場が作られる。

この考え方をスランティライン理論といいます。これは、私がお世話になったサッカー講師の先生からこの話を聞き現場の中で積極的に取り入れています。

この理論を取り入れる意図することは、1人1人の子供を見つめて、子供たちが「やった、できた!」を積み重ねていく場を作るところにあります。

「こうすればクリアできた!」「これならぼくにも、わたしにもできる!」といった工夫力、行動力を養うとともに、
達成感、満足感、自信、自己肯定感をどんどん高め味わっていってほしいと願いながらこの理論を軸に関わっています。


ほめるポーズ  体全身でほめる!
人はほめられると笑顔になります。

ほめられて嫌な気持ちになることはありませんよね。“ほめる”ことは子供たちを元気にします、やる気を起こします、自信につながります。ほめるときには、結果もそうですがそれ以上に結果にいたるまでのプロセスや目標に向かって努力したところをしっかりみつめてほめるようにしています。運動の技術的な指導以上に大切な要素だと思っています。

ほめるときには、体全身でほめるようにしています。ほめるという指導者の行動、表現を子どもたちの耳だけでなく、目からも体からも感じとってほしいからです。ほめられると子供たちは、「先生、見て見てこんなにできるようになったよ!」「見て見て、これができるようになったよ!」とたくさんの成長を見せてくれます。そのときの子供たちの笑顔はなんともいえないくらい輝いています。






子供たちと関わる中で大切にしていることがあります。
それは、「そこに子どもたちの笑顔はあるだろうか?」 
「そこに子どもたちが心から楽しんでいる姿はあるだろうか?」 

このことを常に念頭に置き子どもたちの姿をイメージしながらプログラムを考え関わっています。
運動のスキルだけを伝えるのではなく、運動の楽しさ、体を動かすことの楽しさ、お友達と関わりふれあう楽しさなどを伝えることで、子どもたちが積極的に取り組むことにつながり、子どもたち自身がさらに発想を広げ、創造豊かなオリジナルの展開ができるようになり、子どもたちの可能性の扉をどんどん開く、そんなキッズ運動指導者でありたいと胸に抱きながら活動しています。





子供 運動 訪問指導者
子供のときの夢「体育の先生になりたい!」
その夢を叶えるために、39歳でキッズ運動指導者として歩むことを決意。
知識や指導技術を身につけるために東広島幼児体育研究所にて学び、保育現場の第一線で活躍する幼児体育指導者やキッズトレーナにコンタクトをとりボランティアサポータとして入りながら学びを受ける。

現在、保育園体操教室、こども運動空手教室、こどもからだ元気クラブなどの活動を通して、子供たちに運動の楽しさ、体を動かす楽しさを伝えている。

イベントや行事などでの幼児体育(運動遊び)の指導、サッカーの指導、空手の指導などのご依頼もお受けしています。1回の開催から中長期的なスパンの訪問もいたします。お気軽にお問い合わせ下さい。
キッズ運動指導者 大久保 友杜矢

幼児体育指導員(日本幼児体育学会認定)
スポーツリーダー(日本体育協会公認)
赤十字幼児安全法支援員
日本サッカー協会公認C級コーチ
日本サッカー協会公認キッズリーダー
介護福祉士

【 指導可能種目 】
幼児体育(鉄棒、とび箱、マット運動、運動遊び等)
サッカー、空手

【 活 動 】
幼児体育(運動あそび)正課体育指導(保育園にて)
こども運動空手教室運営
こどもからだ元気クラブ(母子生活支援施設にて)
健幸体操指導(高齢者施設、障害者支援施設にて)
運動ボランティア訪問(児童養護施設にて)











理 念 / 行 動 指 針

幼稚園、児童福祉施設(保育園等)各保育施設やグループ等対象の
出張運動教室






お問い合わせフォーム

出張各運動教室
お申込みフォーム

幼児(年長)〜小学児童対象
こども運動空手教室


サイトマップ



体に感謝
健幸スポット プルミエイル整健堂
広島市安佐北区落合南4丁目15-6 A-1
copyright(C) premier seikend allright reserved